ネットで誹謗中傷されたときの効果的な対処法

誹謗中傷は、人間社会では今後も増え続けていくことが考えられます。

個人の心情や思想を、ネットで発信しやすくなったからです。
ネットで誹謗中傷されてしまったら、効果的な対処法が3つあります。
1つ目は、誹謗中傷の内容が投稿されているサイトの管理者に、情報の削除依頼を行うことです。

利用者個人からの小さな要望なので対応してもらえないと思われがちですが、削除依頼に対してサイトの管理者は敏感に反応します。

削除依頼があるにもかかわらずそれを管理者が放置していると、利用者から訴えを起こされる可能性があるからです。


個人を蔑む内容の情報は名誉棄損罪に該当しますので、情報の削除依頼には丁寧に応じてもらえることが少なくありません。

2つ目は、誹謗中傷をした本人に、投稿内容の取り消しを依頼することです。

個人を誹謗中傷する人物には、多かれ少なかれ怨み屋怒りの感情があります。

ですから、依頼者の要望を素直に聞き入れてもらえないことも往々にして考えられます。

BLOGOS情報を利用しましょう。

そんなときは、法的手段も辞さない旨の文言を添えると効果的です。

悪意を持ちながら情報を発信した本人には、罪の意識があることが多いです。
その感情に働きかけることによって、目的を達成させられます。

3つ目は、警察に相談をすることです。
これは、あまりにも過激な内容が含まれた文言が確認できた際に行います。



自らの生命や財産が脅かされているときには、一刻も早く公的機関に相談をするべきなのです。

幅広い分野の視点から誹謗中傷対策の費用に関する情報を提供中です。